お知らせ/キャンペーン

トヨタのクラウン:リアバンパー、左クォーターパネル キズ ヘコミ 修理事例

クラウンの左クォーターパネルの修理事例を紹介いたします。

トヨタのクラウンにお乗りのお客様よりお車の修理をご依頼いただきました。

ご相談いただき早速お車の状態を詳しく拝見しました。今回の修理箇所は、リアバンパー、クォーターパネルなどです。対応させていただいた主な内容は次の通りです。

 

◎パーツ交換
 リアバンパーカバー(塗装済み)
 左リアバンパーサイドリテーナ
 左クォーターパネル
 左リアコンビランプレンズ&ボデー
 左リアバンパーアッパーリテーナ
 左クォーターパネルエンブレム
 他関連部品

◎脱着、修理
 左ボデーロッカパネルモール
 左リアドアトリムボード
 左リアドアアウトサイドハンドル
 ラゲージコンパートメントドア
 左ラゲージドアフロントルーフ
 左クォーターホイールハウスアウタパネル
 バックウィンドウガラス

◎塗装

 

 

 

左のクォーターパネルからリアバンパーまわりの損傷の様子です。ヘコミも大きく、お車の美しいフォルムが損なわれてしまっています。また擦られたようなキズも目立ちますね。
本来は板金塗装で修理するのですが、お車の状態を万全にし、長く安心してお乗りいただくために、今回はクォーターパネル、リアバンパーカバーの交換にて対応させていただきました。

 

 

 

 

 

 

修理中のお車やパーツの様子を写真で紹介しております。
カナザワ板金での修理がどのような環境で、どのように進められているのか、参考にご覧いただければ幸いです。

修理や交換、塗装のいずれの工程でも、マスキングシートやテープでお車本体をしっかりと覆います。これは作業中に汚れや傷がつかないよう保護するための作業で、美しい仕上がりのために欠かせない作業のひとつです。

カナザワ板金では年間2000件以上の修理や整備を行っていますが、メーカーや車種、損傷の大小は問いません。大切にお乗りの愛車のトラブルで困っていらっしゃるお客様のために、経験豊富なプロフェッショナルたちが全力で修理に取り組んでいます。

今回のクラウンのお客様も仕上がりをご覧になり、とても喜んでくださいました。
お客様の笑顔、そして安心されたご様子を拝見し、私たちも嬉しい気持ちでいっぱいです!

電話する
(076-263-2222)
ウェブから
お問い合わせ